1. トミオホールディングス ホーム > 
  2. 社長メッセージ

Message
社長メッセージ

「 “人の暮らし”に寄り添う事業 」

住宅・不動産事業を始めてから “人の生活”というものに興味がでてきたんです。「人の生活ってなんだろう?」とか、「人間が本当に求めているものってなんだろう?」とか。常に、『人』をベースに考えてきました。
そこで、「私達はお客様の欲しいものや喜んでもらえるものを提供していきましょう」という風に方針を大きく変えたところ、社会の見え方や価値観にも変化が表れました。
「小さくてもいい、小さい方が逆にいい。小さくて特色のある会社の方が、お客様に求められている、その方がお客様のニーズに合ったものができる」と感じる機会が多くなったのです。
お客様のニーズに応えたい。お客様に必要とされる会社でありたい。
そんな想いから、「住宅・不動産」「雑貨・インテリア」「子育て」「美容」「グルメ」「介護」「海外事業」「「環境エネルギー」と、人の一生に関わり、“暮らしの中に寄り添う”“人生に寄り添う”事業が始まりました。

自由にできるフィールドを作る。それがホールディングスの役割

私達トミオホールディングスが、ビジネスとして協働できる人達との素晴らしい出逢いがあり、現在のような多種多様な業態に携わらせていただいています。やりたいことがある人、夢もスキルもある人はたくさんいますが、タイミングがなかったり、フィールドがなかったりする方も多いのが現状です。そんな人達に、
“自由”にやれる『場所』を作ってあげること。“自分らしさ”を見つけてもらう『場所』を作ってあげること。
それが、トミオホールディングスの役割です。
具体的には、適切なタイミングに合わせ、土地を探す、建物を作る、環境を整えるという基礎の部分をトミオホールディングスがサポートし、実務に関しては能力とやる気のある事業責任者にまかせる、というのが私の方針です。その中でも一番難しいのは土地探しです。しかし、その分野こそ私達の得意分野。介護にしても、保育園にしても、ソーラーにしても土地を探せないとできない仕事です。どこに作ればうまくいくのか、地域の特性などのマーケティングをみて、土地を探せるのは我々の強み。いい立地にやる気のある人を送れば良い結果がでると思っているので、そこが住宅・建築事業を基盤としている大きなメリットだと強く感じています。

代表取締役社長 大澤 成行

大澤 成行 プロフィール

同志社大学経済学部卒業後、ニューヨーク大学ESLに学びながら、全米の住宅環境を見て回る。1989年、株式会社トミオに入社、総合建設業としての建築実務を学ぶ。新規住宅事業の立ち上げに従事し、1998年に株式会社トミオ代表取締役に就任。現在に至る。
【取得資格】
一級建築施工管理技士/一級土木施工管理技士/二級建築士/宅地建物取引主任者/千葉県被災建築物応急危険度判定士/訪問介護員2級/福祉用具専門相談員/社会福祉主事任用資格